土地の検討

ども。KIです。
前回の展示場訪問でリユースハイムの申込みを済ませ、いよいよ土地探しが始まります。。営業の提案する土地2箇所とKIがネットで見つけた1箇所の3箇所を見ていきます。

ちなみに、今回見にいく土地ですがリユースハイムの建築面積が約40坪程度であるのに50〜70坪程度(建蔽率40程度)位の土地です。A業もリユースが当たるとは思っていない節がある?まぁ自分でも薄々成り行きは想像しているのだが、、

A業と土地の下見

いよいよ土地の下見をする日がやって来ました。隣県へ車で4時間弱です。
今回検討する土地はざっと下の通りです。

  1. 郊外、770万、新規分譲地で約45坪。徒歩5分で駅あり。
  2. 市街地から程遠い田舎。新規分譲地で約50坪、980万、バス停まで徒歩5分
  3. 市街地周辺、新規分譲(2区画のみ)で約65坪、950万円。

まず、1についてです。
メリット:価格と駅との距離。

デメリット:隣接する既存の住宅の庭が荒れ放題でフェンス越しに植物がはみ出して来ている。(後々トラブルになりそう)
ハイムA業も推しでした。そりゃ、土地が安ければ提案しやすくなりますよね

2について
メリット:市外になり子供の医療費が15歳まで無料。1と違い既存の住宅との隣接なし。しかしいづれ入る分譲のお隣さんは運任せ、、価格は検討できる金額。

デメリット:高齢になった時に徒歩圏内や公共交通機関での生活が困難であり、最近話題の免許返納時期問題が後々やって来そう。

3について(これはコーイチが探した土地)
メリット:主要JR駅から3km程度(当然市街地へのアクセスもほぼ同等距離)でバス停は歩いて2分。価格は、この立地で1,000円以下どころか1,300円以下でも困難と思われる中での950万円と破格。

デメリット:土地に対して隣接道路に勾配があり、L型擁壁を施されているため入口が狭い。駐車時は切返しが必要。セットバックあり(詳しくは今度紹介します)。(実は他にもあったが、その時気づかず)

A業:KIさんどれがよかったですか?
コーイチ:1は近所に個性てんこ盛りの方が住んでいるようなのでムリ。
 2は交通以外は良いが、それでも3の方がいいような。
A業:明日までに2と3の土地でのプランを作るので見てください

翌日、、暫定プラン完成。

A業:昨日はお疲れ様でした。
KI:A業さんこそお疲れ様でした。。帰った後に2つもプラン作成いただいて、、(感心と恐縮)
A業:早速プランをご覧ください。

2は土地が比較的正方形に近いので真四角のプラン。
3は土地の北側に1.3メートルの石垣(下の画像参照)があり、建築法上?石垣と住宅の距離を当該石垣の高さの倍の距離開ける必要がある(要は石垣と建物の距離を約2.7M開けなさい)があるため建築できる面積としては東西に長くなる事からボックスを横向きに1列に並べる配置がベストでしょうとのA業案。

A業:3の土地は3人程見学予定が入っていたため決断は早い方がいいでしょう。。どちらにされますか?
この続きは次回へ、、

コメント