土地を決める

ども。KIです。
ブログのテーマが決めきれず、ずるずるな今日この頃です。。さて前回の土地の下見後、A業から『どれにする?』と問われ、完全には納得できていないKIは如何するのか?続きをどうぞ、、

スポンサーリンク

夜の家族会議

実は、A業から下見の翌日の打ち合わせである程度詰め寄られる事は想定していました。また、土地は生物とも聞いたことがあり、非常に流動的である事も分かっているため機を逃せば1年以内に予算内で納得できる土地が出てくるか保証もありません。よって前回の1の土地は除く2と3の土地で検討する事としました。

どーする?



駐車場に切り替して入れるのが面倒。



それ以外のデメリットが無いよね?(実は翌日知らされる)

 

でも周辺暗くない?小学校遠くない?

 

・・・(言っても小学校は2km弱だ。さらに暗いとはいえども県の中心市街地から4kmしか離れていない郊外だ、、何を言っておる。ここは理由こじつけてでも3押しで攻めよう)



2は子育て環境として悪くはないが10年後に自分たちにとって必要な環境であるかと考えるとベストではない。
3は市街地に近い上、間も無く新しいバイパスが近所で開通するため新規の店舗出店による更なる環境向上や地価の事を考えても悪くなる事は考え難い。よって我輩は3がいいのだ。。

 

じゃそれで・・・

ファイナルアンサー

てな流れで翌日『3の土地で進めてください』との返答をする事となりました。

A業:とりあえずプランは後でも如何様にも変更はできるが土地は取られる可能性があるので早速、不動産会社に購入の意思を伝えましょう。更に見学予定は入っていたものの多少の値引きなら応じてくれるかもしれないのでダメもとで10万の値引きを申し入れてみましょうか?

KI:えっ?(A業からこんな提案してくれるのね、、ありがたや。でも折角やるなら50万くらいの交渉から入ってくれるとありがたいのだが)よろしくお願いします。

A業:わかりました。本当はもう少し交渉したいのですが断られる他の人も同じ土地を検討している状態である事とKIさんは引き渡しが1年以上先であるため通常なら翌月とかの土地決済をできるだけ遅らせてもらえるようお願いもしないといけないので。

考えが浅はかであったと反省です。確かに売る立場として、既に4人も候補者が居て値引迫るわ、支払渋るわじゃ気分良くないですし売る気もしないですよね、、って事でA業に任せる事にしました。。

A業:では3の土地でプランも本格的に作ってまいります。明日も時間をいただけますか?

KI:はい。時間は取れます。

A業:上司も連れて参ります。。ちょうど決算でもありますので、、

KI:(じょ、上司、、決める気だなと察する)わかりました。

2度目の深夜会議

次の打ち合わせで契約に持って行く気だ。。



ホントにこんな金額払えるの?

 

とは言っても土地は半分決まったようなものだし、、太陽光の収益もあれば何とか、、(他力本願)

 

でもTホームとの打ち合わせを明後日にしているからそれを待ってからでも良くない?



でもA業のこれまでの功労を考えると無碍にもできないし、、4,100万円未満で提示してくれたら即決しよう、、



てな流れでA業にうまくレールを敷かれつつ順調に次の駅へ向かう我が家、、さて翌日のA業のプレゼンは如何程か、、

コメント