簡易間接照明で価格をセーブ

どもKIです。

最近はデザイン性の高い住宅が多いです。インスタとかデザイン住宅とかネットでは山のようにゴージャスな内装の家が山のように出てきます。

一生に一度の買い物(⇦この呪文が魔物、、)ですからデザインも凝ったものにしたいと思うのが性です、、

でもKIは残念ながら美術で4以上取った事の無い不人気のピカソ状態です( ̄▽ ̄)

こんなセンスの欠片もないKIがデザインなど思いつくわけまりません!!

こんな時に役立つ誰でも簡単におしゃれな空間を演出できるアイテム、、それが間接照明です!!今日はそんな間接照明にスポットライトを当てましょう(ただ明るいだけ)

スポンサーリンク

間接照明の種類

間接照明と一言で言ってもいろんな種類があります

主に以下の3種類です

コーブ照明

コーブ照明
セキスイハイムより

これはキッチンによく採用されます!理由は簡単。換気扇が壁面に隣接していない場合はダクトの厚み分、天井を下げる必要が出てくるためです。

どーせ天井下がるならチョットデザインしておまけに照明を付けちゃったりする訳ですね。もちろんキッチン以外でも採用例は多いです!

コーニス照明

コーニス照明
セキスイハイムより

↑これは天井に垂れ壁?を入れるパターンです

コーニス照明
セキスイハイムより

↑これは天井全体を下げる方法です。

バランス照明

バランス照明

照明器具自体に光源を遮蔽するシェードがあります。

メリット・デメリット

コーブ照明

メリット

主に天井を照らし奥行き感を演出します。やはり演出性の高さが魅力と思います。また、照明器具が見えないので光量さえ確保すれば安価な器具でも対応できそうです。

天井面を照らすため、寝室には向きます。眩しくありません!

デメリット

ホコリが溜まる。特に天井なので高齢になってからは掃除困難です。若くても面倒、、

壁面に造作を施すのに費用が発生する。費用は聞いていませんが壁1面でも10万以上はかかりそうです、、(KIの予想値です)

照明部分のみ天井高が下がるので窓際への取り付けには制限が出る。

コーニス照明

メリット

演出性の高さ。主に直下の壁面を照らしますアクセントとして部屋の1面のみ設置する事が多いです。T V取り付け面や和室への採用が多く見られます。

掃除が不要です。ホコリが溜まるところがないので楽です。

デメリット

ベットルームのベットヘッド側に付けると目がシパシパします。

壁面の造作に費用がかかります。

直下では照明器具が丸見えになるのである程度器具を選ぶ必要がありそうです。

バランス照明

メリット

照明器具代と取り付け費用のみで良い。

製品によりデザインを選べる。当然後々のデザイン変更も容易。

製品次第で横向きや縦向き、放射状の照射などバリエーションもあり。

デメリット

ホコリが堆積するため掃除が必要。しかも器具次第では面倒と思われる。

広範囲を照らすには幅広のものを使用するとしても複数使用する必要があり費用が嵩む

間接照明を採用するか?(裏技?)

間接照明付けたいんですが、、

結構費用が嵩みますよ。ダウンライトを壁面近くにセットして疑似的に間接照明のような使い方をするとリーズナブルブルです。👇こんな感じで、、

他の手法ではほぼ均一に照らされますが、この方法では陰影が出てくるのでこれはこれでアリな気がします。

ハイブリッド

勝手に名付けました( ̄▽ ̄)

KIは結局どうしたかと言うとコーニスとバランスのハイブリッドです!!(よくよく考えると只野バランス照明のような気がしてきた💦)

これは照明器具を天井に設置します。コーニス風な演出が可能です。

メリット

コーニスより安価。(多分)

掃除不要。

デメリット

コーニスより照射範囲が狭い。数を増やすと結局コーニスと変わらない位になりそう、、

簡易感はある

1個か2個か問題。。

LDKのTV側の壁面に設置予定なので、重要なのはテレビとのバランス感と思います、、ちなみにテレビの幅は、、

照明の幅が1190mmのようなので80型のTV(見栄をはる)を採用し照明を1個にした場合は、、

こんな感じでしょうか、、なんかカッコ悪いです

2つ付けると、、

KI作

ちょっとマシになりました?

3つは予算オーバーなので2つ採用する案で決定しました、、

将来的なテレビの標準サイズが100インチとかにならない事を祈ります、、

まとめ

間接照明にも色々な選択がありますので参考にして下さい。残念なのは予め高いと言われたために実際に本格的な間接照明の施工費用を確認しなかった事です。。

基本的にはどの方法でも照明器具は施主支給も可能となるため比較的安価で設置可能となります。

ちなみにセキスイハイムでの基本的な照明器具取り付けは1器具につき3,000円程度だったと思うのでこの辺は結構リーズナブルだと感じました!

KIはZEH申請の関係でなぜか照明器具は全てハイム手配にしないといけないような方向となったため、44,800円を2個で89,600円(税抜)&取り付け費用となるので間接照明にかかった費用はおよそ10万円となります。

しかしアマゾンに同じものがあるので施主支給でやればかなりリーズナブルですよ!!定価より遥かにお得です。完成したら仕上がりをアップします!

👇にリンク貼っておきます。興味があればどうぞ!


大光電機 LEDブラケット DBK40801Y

コメント

  1. […] 簡易間接照明で価格をセーブ […]